日興証券イージートレードログイン – 日興証券イージートレードログイン

日興証券イージートレードログイン

ログイン/ログアウト   ヘルプ   SMBC日興証券

スマートフォンサイト・アプリ│オンラインサービス│SMBC …

オンライントレード│オンラインサービス│SMBC日興証券

ログイン方法について│ご利用にあたって│SMBC日興証券

ステージについて   日興イージートレード

通常のログイン│操作方法│SMBC日興証券

ログイン/ログアウト   ヘルプ   SMBC日興証券

ログイン/ログアウト ヘルプ SMBC日興証券

日興証券イージートレードログイン Fundamentals Explained

株を買うためには、あらかじめ証券口座にお金を入れておく必要があります。お金を入れる方法は、「銀行の窓口・ATM」に直接足を運んで入金する方法と、「インターネットバンキング」を使って自宅のパソコンやスマートフォン等から入金する方法があります。インターネットバンキングを使うメリットは、家から出なくても365日いつでも好きな時間(メンテナンス時は除く)に入金ができ、即時で反映されることです(窓口やATMからだと反映が遅くなります)。また、通常かかる振込手数料も無料です。今回はインターネットバンキングを使った入金方法ですので、まだお使いの銀行口座で登録されてない方は、あらかじめ手続きを済ませてからご覧ください(インターネットバンキング登録は無料です)。 ★ SMBC日興証券でインターネットバンキング(即時入金)が利用できる銀行 ★・三井住友銀行 – 「SMBCダイレクト ウェブ振込サービス」・みずほ銀行 – 「みずほダイレクト ネット振込決済サービス」・三菱UFJ銀行 – 「ネット振込(EDI)」・ジャパンネット銀行 – 「リンク決済」・ゆうちょ銀行 – 「WEB連動振替決済サービス」 それでは早速、入金の手順を見ていきましょう! 1.SMBC日興証券の公式ホームページを開いてください。 画面右上にある『オンライントレード ログイン』をクリックしてください。 2.ログイン画面が出てきますでの、こちらに支店コード、口座番号、パスワードを入力してください(ログイン情報はSMBC日興証券から送られてきた書類に書いてあります)。ログイン情報が入力できたら『ログイン』をクリックしてください。 3.左メニュー欄にある『入金』をクリックしてください。 4.【インターネット入金の利用金融機関】欄から入金元の金融機関を選んでください(※あらかじめインターネットバンキング登録を済ませておく必要があります)。画面下にある「入金手続きに関する留意事項」および「ご注意」の内容を確認したら、チェックボックスにチェックを入れて『金額入力へ』をクリックしてください。 5.【入金額】欄に入金したい金額を指定し、『入金額確認』をクリックしてください。 6.入金額の確認をしてください。問題がなければ『次へ』をクリックしてください(※ここではまだ確定しません)。 7.『金融機関サイトへ』をクリックすると指定した銀行のホームページへ移動しますので、引き続きそちらから振込操作を行ってください。 あとは、それぞれ銀行の指示通りに進めていけば入金完了です。提携銀行のインターネットバンキングに登録していれば即時入金されますので、入金完了したらすぐに株取引をすることができます。それでは、次のページでいよいよIPO株の申込みをしていきましょう!

オンライントレード│オンラインサービス│SMBC日興証券

ログイン オンライントレード(日興イージートレード …

2019/07/05 SMBC日興証券は野村證券、大和証券と並ぶ日本3大証券会社の1つ。 ネット専業証券ではありませんが、口座管理料が無料だったり、オンライン取引の手数料が安かったりと、とても使用しやすい証券会社です。 人気の理由の1つはIPOの取扱いの多さ。 SMBC日興証券は主幹事や副幹事を務める回数も多いので、そのため、毎年たくさんのIPO株が割り当てられ、当選確率が高いと人気があります。 今回は、そんなSMBC日興証券の特徴について紹介しましょう。 SMBC日興証券の特徴 口座開設の申込方法 証券口座への入金方法 SMBC日興証券の特徴まとめ SMBC日興証券は、SBI証券や楽天証券などのネット証券とは違い、日本全国に124の店舗を持つ総合証券です。 そのためネット上だけじゃなく、近くの支店でもサポートを受けることができます。 SMBC日興証券の歴史は古く、第一次世界大戦の終盤である1918年に、わずか5人の社員からスタートしました。創業者の遠山元一は日興証券会長だけでなく、東京証券取引所理事会議長や日本証券業協会連合会会長などを歴任しています。 これまでに日興コーディアルグループやアメリカのシティグループに所属していた経緯がありましたが、2011年に三井住友フィナンシャルグループの一員としてSMBC日興証券と社名を変更しました。 現在では、野村證券や大和証券とともに日本を代表する証券会社として成長しています。次にSMBC日興証券の特徴を7つご紹介します。 SMBC日興証券の特徴 口座タイプは2つ!総合コースとダイレクトコース SMBC日興証券のダイレクトコースは手数料が割安 SMBC日興証券は信用取引の手数料が無料 SMBC日興証券は主幹事引き受け実績多数! SMBC日興証券の「パワートレーダー」は高機能取り引きツール SMBC日興証券の「キンカブ」は自由な金額で少額投資できる SMBC日興証券は口座開設キャンペーン実施中! SMBC日興証券は、「総合コース」と「ダイレクトコース」の2つの口座タイプがあります。 2つのコースの違いは、次の通りです。 総合コースとダイレクトコースの違い 総合コース ・支店担当者からの投資情報やアドバイスを受けながら取引できるコース・手数料が割高 ダイレクトコース ・パソコンやスマートフォンを使って、自分のペースで取引できるコース・手数料が割安 総合コースは、専門家ならではの丁寧で的確なアドバイスがもらえるのはメリットですが、売買手数料が最低5,000円(税抜)と驚くほど高いことがデメリット。 ダイレクトコースには総合コースのように担当者はつきませんが、その分手数料は最低125円(税抜)ととても安いのがメリットです。 担当者がいなくてもコールセンターのサポートはありますし、マーケット情報や投資セミナーは充実しているので安心。 口座開設する場合はダイレクトコースがおすすめです。 支店まで出向く必要はなく、全てインターネットから口座開設や株取引ができますよ。 SMBC日興証券のダイレクトコースは現物取引の手数料は、ほかの証券会社よりも割安です。 代表的な証券会社の手数料を比較したので、ご覧ください。 現物取引手数料の証券会社比較(税抜) 証券会社名 10万円 50万円 100万円 200万円 SMBC日興証券ダイレクトコース 125円 400円 800円 1,500円 大和証券ダイレクトコース 1,000円 1,725円 3,449円 6,088円 野村證券ネット&コール 138円 476円 952円 1,904円 このように、SMBC日興証券は主要な証券会社のインターネット取引と比較して、手数料が全体的に割安だとわかりますね。 とくに少額取引に関しては手数料がオトクなのでおすすめです。 SMBC日興証券は信用取引※の手数料がなんと無料。 ダイレクトコースなら約定代金にかかわらず、何度でも手数料無料で売買ができます。 信用取引とは お金や株式を担保に証券会社からお金を借りて、その担保の約3倍の金額の取引が可能になる株式取引です。信用取引には、返済期限が6ヶ月と決められている制度信用取引と、証券会社が自由に返済期限を決められる一般信用取引があります。 信用取引については「信用買い、空売りとは?株初心者向け信用取引の基礎知識」の記事を読んでみてください。 信用取引を始めるにはある程度の投資経験が必要なため、株初心者にはおすすめできません。 株取引に慣れてきて信用取引を行うようになったら、信用取引手数料無料のSMBC日興証券を活用してください。 SMBC日興証券はIPO※の取り扱い実績も魅力。次に紹介しましょう。 IPOとは 証券取引所に上場して、投資家が買えるよう新規に株式を公開すること。企業はIPOを行うことで投資家から多額の資金を集めることができ、投資家も新たに投資先を増やすことができます。 IPOについては「IPOは株初心者でも簡単に利益が出せるお宝株!」の記事に詳しい説明があります。 主要ネット証券会社のIPO取り扱い実績 証券会社名 2018年 2017年 2016年 SMBC日興証券 66 71 64 SBI証券 86 83 75 マネックス証券 50 49 46 楽天証券 11 4 8 このように主要ネット証券の中でトップレベルのIPO取り扱い実績があります。 また、SMBC日興証券は主幹事をすることも多いです。 IPO株の割り当ても他の証券会社より多くなり、お宝株のIPOが当選しやすい証券会社だといえるんですよ。 IPO投資に興味がある人は、SMBC日興証券は必ず口座を持っておきたい証券会社の1つですね。 ダイレクトコースでは、SMBC日興証券の株取引ツール「パワートレーダー」が利用できます。 初回は最大2ヶ月無料で利用できますが、その後は3,000円(税抜)の月額利用料がかかります。しかし、1カ月間に5回以上の取引実績があれば、次の月は無料で利用できますよ。 パワートレーダーの高機能チャート分析 ※この記事の画像は「SMBC日興証券」のものをすべて使用しております。 気になる機能については、こちらをご覧ください。 パワートレーダーの特徴 値動きを見ながら右クリックで簡単に注文できる 注目銘柄を最大2,000件登録でき、複数銘柄の値動きを一度に確認できる リアルタイムで様々な銘柄分析ができるチャート機能が利用できる 株式ニュースやマーケット情報、売買ランキングなどが充実 株価や出来高が設定した条件に達した場合、通知してくれる パワートレーダーはスピーディーに株取引ができ、特にデイトレーダーには嬉しいツール。 また、中長期の投資家向けにも役立つよう様々なチャート分析機能がついています。 このツールがあれば、例えば出来高※1ランキングで注目が集まっている銘柄を調べたり、信用残※2ランキングで売り残や買い残を調べ、その後の値動きを予想することができます。 ※1:出来高とは 売買が成立した株数のこと。出来高が多いということは、それだけ株を売りたい人や買いたい人が多いということで、株価が上昇したり下落したりする可能性が高い銘柄になります。一方、出来高の少ない銘柄は、値動きが小さく値が動きにくいです。 ※2:信用残とは 信用取引残高の略で、現在信用取引で売買されている合計のこと。制度信用は6ヶ月以内に決算する必要があるため、売り残が増えると6ヶ月以内に買い注文が増えるということが予想できます。一方、買い残が増えれば、反対の売り注文が増えると考えられるのです。 右クリックでのスピード注文ができる点や、豊富なマーケットニュースなどはとても便利。 いつも月に5回以上取引を行っている人は、無料で利用できますね。 SMBC日興証券のパワートレーダーについては「SMBC日興証券の高機能な取引ツール、パワートレーダーを紹介!」でも詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてください。 株式投資を始めようにも、最初から何十万円も投資するのは不安だったり、投資に使えるお金が数万円しかないという方がいるかもしれません。 そんな人のために、SMBC日興証券の500円から少額投資ができるキンカブというサービスを紹介します。 キンカブを使えば500円から500円単位で金額を指定した取引ができるんです。 少額投資というとミニ株(株式ミニ投資)を思い浮かべる方もいるかと思いますが、ミニ株は単元未満株の10分の1単位でしか買うことができません。 しかし、キンカブは単元未満株に関わらず、自由に投資金額を設定できるのが魅力です。 例えば、欲しい銘柄を1万円分買いたいという注文も出せるので、NISAの限度額120万円までぴったり使い切りたいという方は、キンカブで余った分を購入するのも1つの手。 手数料は不要ですが、売買価格の差(スプレッド)がコストとしてかかります。 キンカブのスプレッド 概算注文金額 買付時スプレッド 売却時スプレッド 100万円以下 0.0% 0.5% 100万円超 1.0% 1.0% キンカブの取引時には、VWAP※と呼ばれる株価が適用されますが、買付時にはVWAPよりスプレッド分高い価格で買付け、売却時にはVWAPよりスプレッド分安い価格で売却することになります。 ※VWAPとは Volume Weighted Average Price=売買高加重平均価格のことで、売買代金を売買株数で割って算出。キンカブでは、発注時間に応じて、前場、後場それぞれのVWAPを取引価格とします。 取引価格(VWAP)1,000円の場合、買付け時のスプレッドは0%なので、購入金額は1,000円です。 売却時のスプレッドは0.5%かかるので、売却金額は、1,000円×(1+0.005)=1005円になります。 詳しくは「SMBC日興証券のキンカブのページ」でご確認ください。 また、SMBC日興証券の「FROGGY」というサービスからキンカブを購入することも可能。 「FROGGY」は、株初心者向けのサービスで、記事を読みながらその記事で紹介されている企業の株を購入できる仕組みです。 SMBC日興証券の口座を保有していれば、すぐに利用できますよ。 そこでSMBC日興証券でぜひ口座開設してみたい、という人に耳よりな情報が! ただいま、SMBC日興証券のダイレクトコース(インターネット取引)では、新規で口座開設すると現物株式の買付手数料を最大10万円キャッシュバックするキャンペーンを実施中です。 キャンペーン対象期間は2019年6月3日(月)~8月30日(金)まで。 キャンペーン期間内に、ダイレクトコースで新規に口座開設を完了されたお客様が対象となります。 自動エントリーになるので、申し込みは不要です。 その他に、次のようなキャンペーンも開催中。 SMBC日興証券キャンペーン 新規口座開設で、ANAのマイルをプレゼント ダイレクトコースでキンカブを購入すると、抽選で100名に合計購入金額相当の現金(最大10,000円)を還元 「投信つみたてプラン」の取引で、dポイントをプレゼント 500円から取引できるキンカブや、1000円から買い付けできる投信つみたてプランにもぜひチャレンジしてみてください。 SMBC日興証券のダイレクトコースでは、株式の現物取引なら最低125円(税抜)の手数料で取引可能です。 またIPOの取扱銘柄数は業界トップ水準。IPO投資で株デビューしたい人にもおすすめですよ。 まだSMBC日興証券の証券口座を持っていない人は今がチャンスです。ぜひこれを機会に口座開設をしてみてくださいね。 SMBC日興証券に興味を持ったという人のために、ここで口座開設方法について説明します。 まずSMBC日興証券のトップページ上部にある赤い「口座開設」ボタンをクリックします。 次のページでは、「申込書類を印刷して口座開設」と「スマートフォンアプリで口座開設」、「申込書類を取り寄せて口座開設」、「お近くの支店で口座開設」のなかから、自分の希望する口座開設方法を選んでください。 もっとも手軽で口座開設が速いのは、「スマートフォンアプリで口座開設」です。 ここではSMBC日興証券の総合口座を、スマートフォンから行なう方法を解説します。 スマホアプリで口座開設する手順 1スマートフォンアプリをダウンロードする まずはApp Store、Google Playから「SMBC日興証券口座開設アプリ」を、お持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。 SMBC日興証券口座開設アプリは、無料でダウンロードすることができます。 2アプリを起動し、確認事項に同意する アプリを起動すると、「口座開設」という赤いボタンがありますので、そこを選択し先に進みます。 次に「反社会的勢力ではないことの表明と同意」を読み、「同意する」をタップし、「次へ」を押しましょう。 次の画面では、個人情報の利用に関する同意や、「約款」の確認があります。それらをよく読み、レ点チェックを入れてください。 レ点チェックは、枠内を指でタップすれば簡単にできます。 3運転免許証・マイナンバーの撮影をする 「撮影時のご案内」の内容に従い、スマホカメラから次の書類を撮影します。 運転免許証の表面 運転免許証の裏面 マイナンバーカード(または通知カード)の表面 マイナンバーカード(または通知カード)の裏面 撮影時、光が反射したり、ピンボケしたり、画面が暗くなってしまうともう一度再提出しなければなりません。 スピーディーな口座開設のために、正確にしっかりと撮影してくださいね。 4氏名・住所・職業などを入力する 本人確認書類が撮影できたら、次に顧客情報を入力します。 さらに携帯電話番号を確認し、携帯電話会社を選択。流れに沿ってSMSを送信しましょう。 5届いたSMSを確認し、URLをタップする 最後にスマートフォンに届いたSMSを開き、URLをタップします。 すると「お申し込み完了画面」に移動し、ここで口座開設が完了します。 晴れて口座が開設できたら、取引を開始する前に投資資金を入金しましょう。 SMBC日興証券は入金方法がとても簡単で、SMBC日興証券専用の入金カード(日興カード)を使います。 SMBC日興証券のキャッシュカード「日興カード」が利用できるATM セブン銀行 ローソンATM イーネット(ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ等) ゆうちょ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 東京スター銀行 コンビニから24時間いつでも入金できるのはとても使いやすいですね。 なおSMBC日興証券の「バンク&トレード※」は即時入金ができ、さらに快適です。 バンク&トレードとは SMBC日興証券の証券総合口座と、三井住友銀行の普通預金口座をつなぐインターネット専用のサービス。 バンク&トレードなら、銀行から証券口座の資金の振替が、即時に完了します。 「日興イージートレード」と「SMBCダイレクト」の間をIDやパスワードの入力なしでログインすることもでき、とても便利。 三井住友銀行の預金口座は、SMBC日興証券だけでなくさまざまな証券口座とたいへん相性がよい銀行なので、気になる方は口座を作っておくといいですよ。 SMBC日興証券はIPOの主幹事引き受け数が多いので、IPO投資を考えている人にとっては外せない証券会社です。 他の証券会社に口座を持っていても、IPO抽選のためにSMBC日興証券で口座開設し、当選確率を2倍3倍と引き上げましょう。 さらに株式投資に慣れてきて信用取引を始めるようになったら、手数料無料のSMBC日興証券が絶対おトク。 信用取引の手数料が無料なのは、SMBC日興証券だけですので、今から口座開設し、取引方法に慣れておくのも良いでしょう。 500円から少額投資できるキンカブや、コンビニから簡単に入金できる日興カードなど、ほかにもSMBC日興証券を選ぶ大きな理由はたくさんあります。 日本3大証券会社の1つですので、安心して取引できますよ。ぜひSMBC日興証券の口座開設を検討してくださいね。 .

ノートパソコンでSMBC日興証券のイージートレードにログインでき ...

ログイン オンライントレード(日興イージートレード …

スマートフォンサイト・アプリ│オンラインサービス│SMBC ...

オンライントレード│オンラインサービス│SMBC日興証券

ノートパソコンでSMBC日興証券のイージートレードにログインでき ...

Eメールの配信停止・申込・配信形式の変更、Eメールアドレスの …

{ログイン/ログアウト   ヘルプ   SMBC日興証券|通常のログイン│操作方法│SMBC日興証券|オンライントレード│オンラインサービス│SMBC日興証券|ログイン方法について│ご利用にあたって│SMBC日興証券|ログイン   オンライントレード(日興イージートレード ...|ノートパソコンでSMBC日興証券のイージートレードにログインでき ...|スマートフォンサイト・アプリ│オンラインサービス│SMBC ...|ログイン方法について│ご利用にあたって│SMBC日興証券|Eメールの配信停止・申込・配信形式の変更、Eメールアドレスの ...|ステージについて   日興イージートレード}

{ログイン/ログアウト ヘルプ SMBC日興証券|通常のログイン│操作方法│SMBC日興証券|オンライントレード│オンラインサービス│SMBC日興証券|ログイン方法について│ご利用にあたって│SMBC日興証券|ログイン オンライントレード(日興イージートレード …|ノートパソコンでSMBC日興証券のイージートレードにログインでき …|スマートフォンサイト・アプリ│オンラインサービス│SMBC …|ログイン方法について│ご利用にあたって│SMBC日興証券|Eメールの配信停止・申込・配信形式の変更、Eメールアドレスの …|ステージについて 日興イージートレード}

​ ・ステージは「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の4種類です。ステージのご確認方法は、オンライントレード(日興イージートレード)ログイン後の「トップページ」および「各種お手続きメニュー>口座情報>ステージ状況」よりご覧いただけます。 ・ステージは原則月初第3営業日の夜間に更新し、翌日から設定します。 <ご留意事項> ・ダイレクトコースのお客様について、毎月、「新規口座開設(直近3ヶ月)」、「お預り資産残高」、「信用取引建玉残高」の3つの条件を比較し、最も有利な条件から、4つのステージ(ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ)を設定します。 ・「お預り資産残高」、「信用取引建玉金額」は、直近3ヶ月間の月末平均残高で計算します。 ・「お預り資産残高」について、バンク&トレード契約のあるお客様は、三井住友銀行口座の残高もお預り資産残高として合算しステージ判定します。 ・新規口座開設の際は、当社で口座開設手続きが完了した月をステージ設定開始月とし、4カ月後の月初第3営業日までの期間を、新規口座開設によるステージの設定期間とします。 ・お取引店の変更等の口座移管手続き時は、口座移管が完了した日の翌日午前5時より、移管先口座にステージを設定します。その際は、過去の月末残高等を判定条件に含めて、ステージを再設定します。 ・総合コースからダイレクトコースへコース変更された場合は、コース変更が完了した日よりステージを設定します。その際は、過去の月末残高等を判定条件に含めて、ステージを再設定します。 ・ダイレクトコースから総合コースへコース変更された場合は、コース変更が完了した日よりステージを設定解除します。 ※バンク&トレードについてはこちら: id=”p-iframe-image-16169-3″> <ステージ別抽選の流れ> <ご留意事項> ・以下の全ての条件を満たす場合に、自動的にステージ別抽選の対象となります。 ①お取引コースがダイレクトコースであること ②ステージが「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」のいずれかであること ③同一条件・同一確率の同率抽選の抽選の結果、当選されなかった場合 ・総合コースのお客様は、ステージ別抽選の対象外となります。 ・抽選日時点のステージを基準に、ステージ別抽選票数を確定し、抽選をします。 ・同率抽選における抽選の結果、当選された口座は、ステージ別抽選の対象外となります。 【実施日】 ・ステージの表示:2019年2月22日(金)21:00頃 ・ステージ別抽選:2019年2月25日(月)以降に需要申告を開始する銘柄より実施予定

  • Was this Helpful ?
  • YesNo

Leave a Comment